海底遺跡のポイントダイブ

与那国島の海底遺跡の体験ダイビングをしてみませんか? - 海底遺跡が見られる

海底遺跡が見られる

hiratai1
与那国島は沖縄本島からは500km、台湾へは111kmというところに位置していますから、晴れた日には台湾が見えるといいます。見られる生物の多い、沖縄でも有数のダイビングポイントですが、与那国島にはもう一つ、忘れてはならない特徴があります。考古学や古代のロマンが好きな人なら必ず知っているであろう、沖縄県与那国島の「海底遺跡」。古代に水没したムー大陸の一部なのではないかという説まである、古代のロマンあふれる場所です。ここでもダイビングを楽しむことができます。
hiratai2
沖縄ダイビング・シュノーケリング予約サイト【沖楽】

きっちり水平に、また垂直に、また直角に刻まれた巨石群は、シロート目ではどう見ても人工物なのですが、現在琉球大学を中心に、本当に遺跡なのか、また自然の奇跡なのかについて調査中とのことです。調査中ということですので沖縄県から正式に遺跡だと認められているわけではありませんが、遺跡っぽいものを見に行く、本当に遺跡だったらいいな、そんな古代のロマンを思うダイバーに好まれています。

東西250m、南北150mもの階段状の巨石群の中には「城門」、「メインテラス」、「亀のモニュメント」など名付けられたポイントがいくつもあり、本当に古代遺跡を観光しているような感覚になるといいます。